症例

RISK&SIDE EFFECTSリスク・副作用について

マウスピース矯正

  • 装着したまま飲食をすると、虫歯・歯周病リスクが高まります。
  • 汚れを溜めないように、洗浄を行わないと歯にフィットしなくなることがございます。
  • 症例によっては、歯を削る必要が生じることがございます。
  • 症例によっては、治療が適応できないことがございます。
  • 歯科医師の指示通り装着時間を守らないと、歯が計画通りに動きません。
  • 歯科医師の指示通り保定期間を装着しないと、歯が後戻りする恐れがございます。
  • ※薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合がございます。

ワイヤー矯正

  • 金属アレルギーがある方の場合、適用ができないことがございます。
  • 装置を装着することで装置が目立ったり、発音がしづらくなることがございます。
  • 症例によっては、抜歯が必要な場合がございます。
  • 治療期間中、装置が頬や口の内側に当たって痛むことがございます。
  • 必要に応じて歯科矯正用ワックスを使用する等の対応をいたします。
  • ワイヤーを交換した後は数日間、知覚過敏の症状が出ることがございます。
  • 装置を装着することで、ケアがしにくくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
  • 治療後は歯科医師の指示に従って保定を行わないと、歯が後戻りする恐れがございます。
  • 虫歯や歯周病によって治療を中断した場合、治療期間が予定よりも長引くことがございます。
  • ワイヤーの力が強すぎることによって、歯根が短くなる歯根吸収や歯肉が下がる歯肉退縮が起こることがございます。
  • 装置が壊れることがございます。

まずは無料カウンセリングを
お申し込みください

あなたの歯並びやご予算、ご希望の期間に合わせ、柔軟に対応いたします。
まずはお気軽にご相談ください。
〜安心して受けられる矯正治療をご提案いたします〜

空席確認・予約する
ミュゼデンタルコラム
医院紹介 料金 電話する 予約する